おかっぱりからのタチウオ釣りと言えば、今やワインドが大人気です。

しかし、最近フロートリグを使ったタチウオ釣りも人気が高まりつつあります。

フロートリグとしては、ハピソンのかっ飛びボールがおすすめです。

電気ウキとは少し異なりますが、視認性を高めるなど共通する点もあります。

フロートリグを使った釣りは、ワインドのように誘いながら巻き続けるようなハードな釣りではありません。

そのため、釣り初心者や女性でも気軽に行えます。

タチウオ釣りに興味がある人は、フロートリグを使った釣りに挑戦することをおすすめします。

ここでは、タチウオのフロートリグのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

タチウオのフロートリグのタックル

タチウオのフロートリグのタックルについてご紹介します。

ロッド:ライトゲーム用ロッドやエギングロッド


リール:小型スピニングリール


ライン:PE0.3~0.6号 


リーダー:フロロカーボン8~10lb


仕掛け:ハピソン かっ飛び太刀魚仕掛けセット

かっ飛びボールと仕掛けがセットになったものです。

これだけあれば、すぐに釣りを行えるようになっています。

かっ飛びボールはワイヤーに通されているので、切られにくいです。

仕掛け部分は、フロロカーボンと複合メタルになっています。

自然な動きでタチウオに喰わせることができる上に、ラインを切られにくくしてあります。


【かっ飛びボールの特長】

かっ飛びボールの重さは、次の3種類があります。

  • XS(エクストラシンキング):約7.0g
  • FS(ファストシンキング):約6.0g
  • SS(スローシンキング):約5.5g

最初は、タチウオのタナを早く探るために、重いXSを使うとよいです。


取り付け方法は2つあります。

中通しタイプはトラブルが少ないです。

誘導式・カン付タイプは、動きが大きいので、チラつき効果でタチウオにアピールすることができます。


エサ:キビナゴ・どじょう

キビナゴを針に付ける方法についてです。

上の針をエラの下から刺して、頭の方へ抜きます。

針先は出しておきます。

下の針は、お腹に横から刺します。

こちらも、針先は出しておきます。

ワイヤーを用意して、キビナゴの頭に巻き付けて、キャスト時などにエサが外れないように工夫するとよいです。

ワイヤーがないと、すぐに外れてしまうことがあります。


ライト:ハピソン 充電式オレンジフィルターチェストライト

オレンジフィルターを付けると、魚が認識しにくく、虫も寄ってきません。

人間も眩しくありません。

モードにもよりますが、充電は最大で100時間以上持ちます。


その他:次の便利グッズがおすすめです。

ハピソン スピードコントロール機能付ラインツイスター

ハピソン 充電式ヒートカッター

スポンサーリンク

タチウオのフロートリグの釣り方のコツ

タチウオのフロートリグの釣り方のコツは、次のとおりです。

まずキャストします。

キャストごとに狙うレンジを変えていきます。

カウントダウンで沈める秒数を変えます。

5カウント刻みで探るのがおすすめです。


誘い方は、軽く3回ぐらいシャクります。

この時、1回シャクるごとにリールを半回転ほど巻きます。

シャクッた後、止めて待つか、横や縦にサビきます。

サビくとは、ゆっくり引くことです。

潮や風が強い時は、横にシャクッてサビくようにします。

縦にシャクッてサビくと影響を受けやすくなってしまいます。

あと、ゆっくりのただ巻きのみでもOKです。


当たりがあれば、シェイクなどで動かし続けて、タチウオに喰い込ませるようにします。

止めてしまうと、エサを放してしまうおそれがあります。

ガンという大きな当たりがあれば、即合わせします。


タチウオの群れが小さいと、当たりが小さいことが多いです。

それは、タチウオの数が少ないため、エサを取り合わなくても済むためです。


潮が速いと喰いが悪くなってしまいます。

タチウオが立って泳げなくなり、横に動き出すためです。

参考動画

スポンサーリンク
おすすめの記事