ショアジギングだけでなく、ショアラバも面白いです。

ショアラバとは、おかっぱりでタイラバをキャストして行う釣りのことです。

マダイだけでなく、根魚などを狙うことができます。

個人的には、根魚釣りで使われることの方が多いのではと感じています。

高度なテクニックが必要のない釣りなので、初心者でも簡単に釣ることができます。

ここでは、ショアラバのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

ショアラバのタックル

ショアラバのタックルは、次のとおりです。

ロッド:メジャークラフト ソルパラ 振出モデル SPXT-96LSJ

メジャークラフト クロステージ ライトショアジギング CRX-902LSJ

リール:スピニングリール

ライン:メジャークラフト 弾丸ブレイド 1号

ルアー:メジャークラフト ジグパラTG 40g グリーンゴールド

メジャークラフト ジグラバースルー タイラバタイプ 40g グリーン/オレンジ

替えフック(オフセットタイプとタイラバタイプ)


<補足説明>

【ロッド】

ソルパラ SPXT-96LSJは、ショアラバでもメタルジグでも使えます。

スポンサーリンク

ショアラバの釣り方のコツ

ショアラバの釣り方のコツは、次のとおりです。

まずは、ルアーをキャストします。

根魚を狙う場合は、底まで沈めます。

着底すれば、ゆっくり巻いてきます。

ただ巻きでOKです。

穂先を下げて釣るとよいです。


巻いてくると、ルアーが少しずつ浮いてくるので、再び底まで沈めます。

根魚釣りの場合は、特に底を意識して釣るとよいです。

着底すれば、また巻き始めます。

基本的には、これの繰り返しでOKです。


当たりがあれば、巻き合わせでよいです。

船でのタイラバと同じで、特に合わせる必要はありません。

あとは、一定の速さで巻いてくるだけです。

当たりがあっても、そのまま巻き続けるだけで勝手に釣れるのです。


何回も釣っていると、針先がどんどん丸くなってしまいます。

そうなると、フッキングしにくくなってバレやすくなります。

針先があまくなってきたなと感じれば、フックの交換を行うとよいです。

参考動画

スポンサーリンク
おすすめの記事