最近はタイラバによるマダイ釣りが人気ですが、コマセ釣りも負けてはいません。

特に、関東ではコマセ釣りをする人が多いです。

コマセ釣りとは、天秤やビシなどを使ったエサ釣りのことです。

狙ったタナまで沈めて、コマセで魚を寄せて釣ります。

長めのハリスをフワフワと漂わせ、マダイの食い気を高めて喰わせます。

タナがうまく合えば、連続ヒットも期待できます。

ここでは、コマセ真鯛釣りの仕掛けと釣り方のコツについてご紹介します。

コマセ真鯛釣りの仕掛け

コマセ真鯛釣りの仕掛けは、次のとおりです。

ロッド:NEW 舳 20 270

ライトゲーム CI4+ モデラート TYPE64 M260

リール:フォースマスター 600/600DH

ライン:タナトル 8 3号

リーダー:フロロカーボン 8号

ビシ:FL 80号

ハリス:テーパー(フロロカーボン5号+4号)

針:マダイ針 9号


<補足説明>

【ロッド】

ロッドは、少し長めのマダイ竿がおすすめです。

2.7m前後が主流となっています。

ムーチングロッドが釣りやすいです。

柔らかいロッドを使うと、ビシが安定して不必要にコマセが出ません。

大型が喰ってきても、衝撃を吸収してくれるのでやり取りしやすいです。

スポンサーリンク

コマセ真鯛釣りの釣り方のコツ

コマセ真鯛釣りの釣り方のコツは、次のとおりです。

マダイののコマセ釣りでは、長いハリスの仕掛けを使います。

うまく扱わなければ、絡まってしまって手返しが悪くなってしまいます。

釣果に影響がでるので注意が必要です。


ビシにコマセを詰めて、仕掛けを沈めていきます。

タナは、船長から指示があるのでそれに従います。

実際には、指示ダナ+仕掛けのハリスの長さの半分まで沈めます。

ハリスがなじむのを待ちます。

なじんだら、コマセを撒きながら指示ダナまで巻き上げてきます。

その後、そのまま当たりを待ちます。

ある程度待って当たりがなければ、刺しエサのチェックをします。


コマセを撒いてマダイを寄せて釣ります。

そのため、コマセをコンスタントに撒き続けなければなりません。

ただ待っているだけでは釣れません。


たまに穂先を下げて仕掛けを落とし込むと、よい誘いが掛って喰ってきます。

魚探で確認しながら釣ることができるのなら、よい反応があった時に落とし込むようにすればよいです。


当たりは、穂先を大きく持ち込むようなわかりやすいものです。

柔らかいロッドを使っているので、初心者でも簡単にわかります。

穂先が曲がったら、合わせてしっかり針掛かりさせます。

あとは、一定の速さで巻き上げます。


1匹釣れれば、そのタナにはまだ他のマダイがいます。

同じタナを狙うようにします。

少し上から、狙いのタナへ仕掛けをゆっくり落とし込んでいくのも有効です。

このようにすることで数を伸ばせます。


エサ取りが多い場合は、指示ダナまで沈めたら、すぐにコマセを撒きます。

そうにすることで、エサ取りがコマセを追っていき、刺しエサを取られないようにすることができます。

参考動画

【動画】春の鹿児島のコマセマダイ

コマセマダイ釣りの基礎がよくわかります。

2本針と1本針の仕掛けの使い分け方なども紹介されています。

マダイがたくさん釣れています。

ダイワ公式サイト(動画)
(5/14アップ)

<タックル>

ロッド

ダイワ バイパースティック M-300
ダイワ 潮流 30-300・Y


リール

ダイワ シーボーグ 300MJ
ダイワ シーボーグ300J


ライン

ダイワ UVF メガセンサー12ブレイドEX+Si 3号


リーダー

ダイワ ディーフロン船ハリス200FX


天秤

ダイワ リーディングアームII Φ1.6-600


ビシ

ダイワ シャベルビシ速攻III L 80号/スモーク


仕掛け

ダイワ 快適マダイ仕掛SS 2本 10-4 10m




ダイワ D-MAX マダイクワセ SS 10号


その他

ダイワ 紅牙 浮せ魂 クランベリーオレンジ

スポンサーリンク
おすすめの記事