イサキはおいしいことで知られている魚の1つです。

そのため、釣りものとしては非常に人気があります。

専門で狙う人が多いです。

マダイ釣りに行くと、たまに釣れることがあります。

いろいろな釣り方で釣れます。

ここでは、イサキ釣りのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

イサキ釣りの船でのタックル

イサキ釣りの船でのタックルは、次のとおりです。

竿:2~2.5mの船竿

リール:小型の電動リール

ライン:PE3号

リーダー:フロロカーボン5号

仕掛け:ハヤブサ海鮮シリーズ各種

天秤 40cm

ステンレス製コマセカゴ(鉄仮面) 120号

クッションゴム 30cm 2mm

<補足説明>

【コマセ】

コマセはアミエビを使います。

針は擬餌針になっているので、刺し餌は付けません。

スポンサーリンク

イサキ釣りの船での釣り方のコツ

イサキ釣りで重要なのは、仕掛けをコマセと同調させることです。

同調させるのにベストなのが、天秤釣りです。

仕掛けがフワフワと横になびくので同調させやすいです。


イサキ釣りの船での釣り方のコツは、次のとおりです。

コマセカゴにアミエビを入れてから、仕掛けを指示ダナまで沈めます。

沈めば、コマセを撒くために、竿を大きくシャクり上げます。

その後、そこから2mほど巻き上げて待ちます。

仕掛け(天秤・クッションを含む)の分を巻き上げないと、コマセとは同調しないためです。


複数人で釣る場合は、タナを揃えないとタナボケを起こしてしまいます。

みんなでタナを合わせることが大切です。


イサキが釣れ出せば、コマセの撒き方を変えます。

コマセを撒きすぎると、小型が咲きに喰ってきます。

そのため、小型ばかりが釣れます。

大型を狙おうとすれば、コマセを撒きすぎないようにします。

少しずつ撒くとよいです。


また、大型はイサキの群れの上の方にいます。

そのため、タナの上目を狙うとよいです。


当たりがあれば、しっかり合わせます。

合わせなかったり、タイミングがずれると、口の横に掛るなどしてバレやすくなります。

タイミングよく合わせれば、硬い口の上に掛かってバレにくいです。

針掛かりすれば、ゆっくり巻き上げます。

追い食いを狙う場合は、すぐに巻き上げず、しばらく待ってから上げるとよいです。

参考動画

スポンサーリンク
おすすめの記事