エギングはさまざまな場所で行えます。

磯からも行うことができます。

磯には、地磯と沖磯があります。

地磯は陸続きとなっている磯なので、歩いて行くことができます。

一方の沖磯は、船で渡してもらわなければ行けない磯です。

沖磯の方が釣りに行くのが容易でない分、釣り荒れしていないことが多いです。

そのため、数狙いの釣りだけでなく、型狙いの釣りも可能です。

ここでは、沖磯エギングのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

沖磯エギングのタックル

沖磯エギングのタックルは、次のとおりです。

ロッド:エギング専用ロッド 8フィート前後

リール:小型スピニングリール 2500~3000番

ライン:HARDCORE X8プロ(PROエギング) 0.6号
 
リーダー:HARDCORE エギングリーダー2号

エギ:
【デュエル】
 イージーQ ダートマスター サーチ ダブルグロー    
 イージーQ ダートマスター
 イージーQ キャスト喰わせ

【YO-ZURI】
 アオリーQ サーチ ダブルグロー     
 パタパタQ ラトル
 アオリーQ フィンエース


デュエル イージーQ ダートマスター サーチ ダブルグロー 
アオリーQ サーチ ダブルグロー


ダブルグローとは、グローとブルー夜光のことです。

両方の光でアピールすることが可能となっています。

グロー(夜光)の波長は、520nmで緑色に光ります。

ブルー夜光の波長は、488nmで青色に光ります。

共にイカが見やすいカラーとなっているので、大きな効果が期待できます。

狙う水深が深くてもきちんと発光します。


グローとブルー夜光の2つの特長を持った業界初のダブルグローとなります。

ラトル入りなので音でもアピールすることができます。


もっともハイアピールとなる要素を兼ね備えています。

ポイントに入って真っ先に使うとよいエギとなっています。


イージーQ ダートマスター
パタパタQ ラトル


中でも、スーパーブルー夜光ボディのものがおすすめです。

ブルー夜光の発色力2倍となっています。

持続力2倍となっています。

そのため、アピール力が強く、長く続きます。

ダートマスターサーチまたはアオリーQサーチの後に使うと、よいアクセントとなります。

朝マズメ夕マズメは、持続力が長いエギを使った方がよりアピールできます。


イージーQ キャスト喰わせ

ダートで乗らない時、スローで狙ってみたい場合におすすめのエギです。

ダートマスターの後に使うとよいです。


アオリーQ フィンエース

安定フィンが2カ所付いていて、上下左右のブレを制御しています。

イカが抱きやすくなっています。

パタパタQの後に使うとよいです。

スポンサーリンク

沖磯エギングの釣り方のコツ

沖磯エギングの釣り方のコツは、次のとおりです。

7月中旬は春の産卵前のイカとふ化した小型のイカが混じる時期となります。

産卵前のメスは、できれば逃がしてやった方がよいということです。


夏ぐらいになってくると、水温の上昇に伴い活性が上がるのでボトムまで沈める必要はありません。

中層まで沈めて、3~4回シャクッて3~4秒待つような釣り方でよいです。

1秒に1回くらいのテンポでシャクリを入れます。

しっかりエギを見せてやります。

アピールを大きくするため、ロッドを強めにシャクるようにします。

エギを大きくダートさせて、アオリイカにアピールさせます。


エギのサイズは、そのポイントにいるイカのサイズで決めます。

イカが追いかけているベイトのサイズに合わせるのも効果的です。


サイズを使い分ける上で注意することがあります。

秋イカを釣りに行くと、イカが小さいので、いきなり2.5号を使いたくなります。

しかし、最初は1つ大きめの3号で始めるようにします。

追いかけては来るが乗らない時に、2.5号にチェンジするとよいです。

始めから2.5号を使ってしまうと、もし乗らなかった時3号にチェンジしても乗ってくれません。

そのため、始めから小さいエギを使わないようにします。

参考動画


【動画】和歌山串本で春の大型アオリイカを狙う

春の大型アオリイカは底付近にいます。

底付近を丹念に攻めないといけません。

2kg超の大型が見事に釣れました。

(5/7放送)

<タックル>

ロッド

メジャークラフト クロステージ CRX-832EL
メジャークラフト クロステージ CRX-832E


リール

スピニングリール(2500~3000番)


ライン

デュエル HARDCORE X8プロ エギング 0.6号


リーダー

デュエル HARDCORE エギングリーダー 2.5号


エギ

イージーQ キャスト喰わせ
イージーQ キャスト ラトル 3.5号 ケイムラレッドパープル・ケイピンクピンク
イージーQ ダートマスター ラトル
YO-ZURI アオリーQ フィンエース

スポンサーリンク
おすすめの記事