筏エギングのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

エギングは、堤防や磯で行われることが多いです。

しかし、筏でも行うことができます。

筏でエギングをするメリットはいくつかあります。

最大のメリットは、360度すべての方向を攻めることができる点です。

そのため、ポイント選びに悩むことはありません。

筏は海の上に浮いているので、真下を狙うことも可能です。

アオリイカだけでなく、魚を狙うことも自由に行えます。

デメリットは、歩いて行けるわけではなく、船で渡してもらわなければならない点です。

筏釣りには船釣りよりは安いですが、お金がかかります。

ここでは、筏エギングのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

筏エギングのタックル

筏エギングのタックルについてご紹介します。

タックルは、次のとおりです。

ロッド:メジャークラフト ソルパラ 振出モデル SPXT-86M
メジャークラフト ソルパラ SPX-862/EL
メジャークラフト ソルパラ SPX-902/SSJ

リール:小型スピニングリール

ライン:メジャークラフト 弾丸ブレイドX4 エギング専用 0.6号

リーダー:メジャークラフト 弾丸フロロショックリーダー エギング専用 1.75号

メジャークラフト 弾丸簡単リーダー エギングスペシャル

エギ:メジャークラフト 餌木蔵 2.5号 アジ(下地:銀)・アジ(下地:金)・アジオレンジ(下地:金)

ルアー:メジャークラフト ジグパラマイクロスイム 15g グローピンク


<補足説明>

【エギ】

餌木蔵は、カンナにフッ素コートが施されているので刺さりやすいです。

ダートしやすい形状になっているので、初心者でも簡単に扱うことがでいます。

アオリイカが抱きやすい姿勢のままフォールしていきます。

スポンサーリンク

筏エギングの釣り方のコツ

筏エギングの釣り方のコツは、次のとおりです。

9月ぐらいは、底を攻めると大型、中層より上を攻めると小型が釣れます。

数釣を楽しみたいのなら、中層よりも上を狙うとよいです。


筏の下にもアオリイカが隠れていることがあります。

そのため、真下に沈めて釣ってもよいです。


キャストして、狙いにタナまで沈めます。

軽く巻きシャクリした後、フォールさせます。

基本的にはこの繰り返しです。

当たりは、ほぼフォールの時に出ます。


目の前まで巻いてくれば、アオリイカが追ってきていないか確認します。

追ってきていればサイトフィッシングです。


背中から風を受ける状態で、できるだけロッドとライン・エギが一直線になるようにします。

深場で釣る場合は、穂先を下げます。

浅場で釣る場合は、穂先を45度上に向けて角度を付けます。

エギのフォールスピードを抑えられます。

このようにすれば、比較的当たりを取りやすいです。

視認性のよいラインを使うことで、ラインの状態で当たりを取ることができます。


筏で釣る場合、アオリイカだけでなく魚を狙うことも可能です。

根魚やアジ、カマスなどいろいろ釣れます。

ショアジギサビキで狙うと面白いです。

キャスト後、巻いてくるだけでOKです。

上下に誘って釣るのも効果的です。

非常に簡単に釣れます。

参考動画

スポンサーリンク
おすすめの記事