シイラはルアーに好反応を示すため、ルアー釣りの人気ターゲットとして知られています。

シイラのルアー釣りは、シイラゲームと呼ばれています。

シイラは、最大で2mほどに成長します。

黄色が鮮やかな細長い体をしています。

引きは非常に強く、無理を少ししただけでも、ラインを切られてしまいます。

水面からジャンプした際に、フックが外されてしまうことも珍しくはありません。

食べてもおいしいです。

ここでは、シイラのショアジギングのタックルと釣り方(アクション)についてご紹介します。

シイラのショアジギングのタックル

シイラのショアジギングのタックルは、次のとおりです。

ロッド:ショアジギロッド 10フィート前後

リール:スピニングリール 4000番

ライン:デュエル HARDCORE X8プロ 1.2~1.5号

リーダー:デュエル HARDCORE パワーローダーFC 20~30lb

ルアー:デュエル HARDCORE モンスターショット95/125 キビナゴ・サンマ

ヘビーショット(S)85/105

シャローランナー(F)90/H2 120/H3 120

ソリッドバイブ(S)55/65/75/85

ソリッドスピン22g/32g


<補足説明>

【ルアー】

モンスターショットは重さがあるので、メタルジグのように使えます。

飛距離が出る(最大で100m超え)ので広範囲を探れます。

シンキングタイプなので、表層から底まで狙うことができます。

ゆっくり巻いても、しっかりと誘いがかかります。

スポンサーリンク

シイラのショアジギングでの釣り方のコツ

沖堤防でのシイラのショアジギングについてです。

シイラのショアジギングでの釣り方のコツは、次のとおりです。

シイラは、ベイトのいる層にいます。

そのため、ベイトがいる層まで沈めて釣るのが基本です。

特に、ベイトが表層にいる時が狙い目です。

少し速めに巻いてルアーを引いてくるとよいです。


シイラは回遊魚なので、当たり出すと続きます。

しかし、回遊してこないとまったく当たりがありません。

このような場合、しばらくは我慢の釣りになります。


まず、仕掛けをキャストします。

狙いのタナまで沈めます。

基本的には巻いてくるだけでよいです。

巻く速さは、速い~遅いまでいろいろ試してみます。

たまにルアーをイレギュラーに動かすと、リアクションバイトが期待できます。

平打ち(動画参照)を取り入れるとよいです。

フォールでも喰ってくることがあります。


他にも、シャクリながら巻いてくるという釣り方もあります。

青物に有効な誘い方です。


当たりは明確なので、見逃すことはありません。

しっかりと合わせて巻き上げます。

ラインのテンションを抜かないようにします。

参考動画

スポンサーリンク
おすすめの記事