穴釣りをご存じでしょうか?

堤防やテトラ帯でよく行われる釣りです。

文字どおり、テトラの隙間(穴)などに仕掛けを落とし込んでいきます。

比較的釣りやすく、坊主が少ないと言われています。

釣れる魚は、カサゴやメバルなどの根魚が多いです。

タックルは何でも使える上、難しいテクニックは必要ありません。

釣り初心者でも気軽に挑戦できます。

ここでは、穴釣りのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

穴釣りのタックル

穴釣りのタックルは、次のとおりです。

ロッド:テトラ竿

リール:スピニングリール・ベイトリール

ライン:フロロカーボン 2.5号

ルアー:ササメ針 ブラクリ 3・4号 ノーマルタイプ・夜光タイプ

ササメ針 ぶらぶらブラッシャー 3号

ササメ針 フェザー ブラクリ 3号

エサ:シラサエビ・アオイソメ・イシゴカイ

虫エサ臭いがするので、魚を寄せてくれます。

シラサエビは、動きで魚にアピールしてくれます。

スポンサーリンク

穴釣りの釣り方のコツ

穴釣りの釣り方のコツは、次のとおりです。

穴釣りでは、堤防などにあるテトラの隙間を攻めるのが定番です。

テトラ帯を歩きながら、落とし込みやすくて魚がいそうな隙間を探します。

隙間探しも楽しいです。

堤防の際に落とし込んでも釣れます。


隙間が見つかれば、仕掛けを沈めていきます。

止まっても、まだ底ではない可能性があります。

ロッドを軽く上下させると、ブラクリが転がってさらに沈んでいくことがあります。

これ以上沈まないところまで沈めていきます。

もちろん、魚は底以外にもいます。

そのため、沈めている最中に喰ってくることもあります。


着底すれば、ロッドを上下させたり、シェイクするとよいです。

激しい誘いは必要ありません。


当たりがあれば、すぐに巻き始めます。

プルプルという穂先に出る当たりが多いです。

巻くだけで針掛かりします。

できるだけ早く巻き上げて、魚が穴の深くに潜らないようにします。

参考動画

【動画】南芦屋浜におけるブラクリでの根魚釣り

前半はブラクリでの根魚釣りで、後半はサビキ釣りに関する動画です。

ブラクリ釣りでは、初心者の女性が簡単に根魚を釣っています。

チョンチョンと軽く誘うだけです。

(5/3アップ)


<タックル>

ブラクリ

ササメ針 ブラクリ 1号


その他

AZタオルキーパー


エサ

アオイソメ

スポンサーリンク
おすすめの記事