タラジギングのタラとは、マダラ(以下、タラ)のことを指します。

タラは、柔らかいクセのない白身が絶品です。

白子もおいしいです。

鍋料理などが有名です。

水深100mを超える深場において、タラがジギングで釣れるのです。

しかも、1mを超える個体が釣れることもあります。

驚くべき大きさです。

そのようなこともあって、最近タラジギングの人気が高まっています。

ここでは、タラジギングのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

タラジギングのタックル

タラジギングのタックルは、次のとおりです。

ロッド:エバーグリーン ポセイドン スロージャーカー 3oz PSLJ 603-3

エバーグリーン ポセイドン ハイピッチジャーカー600 PHPJ 600

リール:エバーグリーン オケアノスワイドHD

ルアー:エバーグリーン オーシャンフリート ジャベリン 320g サーベルシルバー


<補足説明>

【ロッド】

数を釣ろうと思えば、柔らかいロッドの方がよいです。

楽をして釣ろうと思えば、硬めのロッドがおすすめです。

柔らかいと、魚とのやり取りに手間取るためです。


【リール】

エバーグリーン オケアノスワイドHDは、従来のものよりもスプール幅が広くなってラインキャパが増えました。

今回のような深場での釣りにはHDがおすすめです。

左ハンドルも登場しました。

スポンサーリンク

タラジギングの釣り方のコツ

タラジギングの釣り方のコツは、次のとおりです。

タラがいるのは、底付近です。

そのため、底から5mの範囲を探ります。


まず、底まで沈めます。

水深が深いので、着底をきちんと確認します。

着底すれば、誘いはじめます。


ロッドを大きくシャクッた後、リールを1/4回転巻き上げます。(1/4回転ワンピッチジャーク

これを連続で行います。

ゆっくり誘った方がよいです。

フォールで喰ってくることが多いです。

釣れなければ、誘いを少し速めにするとよいです。


当たりがあれば、軽く合わせます。

フッキングすれば、一定の速さでゆっくり巻き上げます。

タラは身が柔らかいので、強引に巻き上げるとバレやすいです。

参考動画

スポンサーリンク
おすすめの記事