最近、ボートフィッシングの人気が高まっています。

おかっぱりでは行けないポイントに行って釣ることができるのが、ボートフィッシングの魅力です。

好ポイントを効率よく攻めることができれば、数を伸ばすことができます。

大型を釣ることも可能となります。

ボートフィッシングと言っても、メバルやカサゴ釣りなら、湾内の比較的近い場所で釣れます。

マダイや青物釣りのように沖に行かなくても十分釣れます。

そのため、程度にもよりますが、船酔いが心配な人でも釣りに行けるかもしれません。

ここでは、ボートフィッシングでのメバル・カサゴ釣りのタックルと釣り方についてご紹介します。

ボートフィッシングでのメバル・カサゴ釣りのタックル

ボートフィッシングでのメバル・カサゴ釣りのタックルは、次のとおりです。

ロッド:メジャークラフト トリプルクロス TCX-T732L

リール:スピニングリール

ジグヘッド:メジャークラフト ジグパラヘッド ダート・スイム 1.5g

ワーム:メジャークラフト パラワーム まっすぐ尾 1.5インチ ホワイトグローなど

メジャークラフト パラワーム まっすぐ尾 1.6g グリーン

メタルジグ:メジャークラフト ジグパラマイクロ スイム 3g・5g


<補足説明>

【ロッド】

メジャークラフト トリプルクロス TCX-T732Lチューブラータイプのロッドです。

万能ロッドなので、メタルジグの釣りでもジグヘッド&ワームの釣りでもOKです。

スポンサーリンク

ボートフィッシングでのメバル・カサゴの釣り方のコツ

ボートフィッシングでのメバル・カサゴの釣り方のコツは、次のとおりです。

ボートフィッシングでのメバル・カサゴ釣りのポイントは、岸壁やストラクチャーの周辺などです。

そのため、岸壁やストラクチャーの周辺のに沈めて釣るのがおすすめです。

暗くなると、メバルが浮いてきます。

浮いてくれば、表層付近を狙います。


基本的には、ジグヘッド&ワームでもメタルジグでも釣り方はそれほど変わりません。

まず、仕掛けを狙ったポイントへキャストします。

フリーフォールで底まで沈めます。

フォール時に喰ってくることがあります。

着底すれば、ただ巻くだけでよいです。

巻きながらシャクリを入れてフォールさせるという誘い方があります。


他にも、フォール中心の誘い方でも釣ることが可能です。

チョンチョンと軽くワームを跳ね上げて、フォールで喰わせます。


暗くなるまではメタルジグで釣り、暗くなるとジグヘッド&ワームに変えるとよいです。

暗くなると、ジグヘッド&ワームの方がよいことが多いためです。

もちろん、メタルジグで釣れないわけではありませんし、メタルジグの方がよいこともあります。


浮いてきたメバルを狙うには、常夜灯などの明暗の境目がおすすめです。

明暗の境目の向こう側にキャストします。

着水後、すぐに巻き始めます。

あとは、このまま巻いてくるだけです。

ジグヘッド&ワームでも、すぐに巻き始めれば表層付近を狙えます。

参考動画

【動画】ボートロックフィッシュでメバル・ガシラ釣り

明るいうちはチヌ、暗くなってからロックフィッシュを狙います。

基本的なタックルは、どちらも同じでOKです。

チヌはダメでしたが、メバルやガシラはよく釣れています。

(4/3放送)

<タックル>

ロッド

メジャークラフト ソルパラ振り出しタイプ SPXT-76/ML
メジャークラフト ソルパラ振り出しタイプ SPXT-76/L


リール

スピニングリール


ジグヘッド

メジャークラフト ジグラパヘッド ブン太 根魚タイプ 5gなど
メジャークラフト ジグラパヘッド スイムタイプ 2gなど
メジャークラフト ジグラパヘッド ダートタイプ 1.5gなど


ワーム

メジャークラフト ファイティングクロー ソフトシェル・磯ガニ
メジャークラフト パラワーム ふぉーる虫 クリアピンク・グリーン
メジャークラフト パラワーム まっすぐ尾 みかん

スポンサーリンク
おすすめの記事