船のタコ釣りと言えば、エギ釣りが有名です。

しかし、タコのスッテ釣りも人気があります。

スッテには、エギのようにオモリが付いていません。

そのため、エギよりもフワフワ漂わせてアピールすることができます。

日によっては、スッテの方がタコの反応がよいことがあります。

エサを付けることができるスッテまでが登場し、さらにアピール力が増しています。

タックルや釣り方は、エギ釣りとほとんど同じなどでスッテも用意しておくとよいです。

ここでは、タコ釣りの船エギタックルと釣り方についてご紹介します。

タコ釣りの船スッテのタックル

タコ釣りの船スッテのタックルは次のとおりです。

ロッド:船タコ専用ロッド

リール:小型ベイトリール

ライン:デュエル HARDCORE X4プロ タコ 3号

リーダー:フロロカーボン 8号

スッテ:YO-ZURI タコやん 船スッテ

YO-ZURI タコやん 船スッテ エサ巻き

オモリ:50~60号

その他ハピソン タコ寄せライト タコピカ YF-338

YO-ZURI タコやん ジャバラベイト


<補足説明>

【ライン】

デュエル HARDCORE X4プロ タコは、滑りがよくて感度がよいラインです。

タコ釣りは、重さのあるものを巻き上げてくる釣りなので、ラインの強度だけでなく、耐摩耗性が結構必要となります。

このラインは耐摩耗性が強いので、長持ちする上に切られにくいです。


【その他】

ハピソン タコ寄せライト タコピカ YF-338は、ヒラヒラとLEDの点滅でタコにアピールすることができます。

深場では、特に効果が期待できます。

スポンサーリンク

タコの釣り方のコツ【船スッテ】

タコの船スッテでの釣り方のコツは、次のとおりです。

まず、仕掛けを底まで沈めます。

着底したら、リールを少し巻いてラインをピンと張ります。

竿を小刻みに動かして誘います。

水深が深い場所ほど、スッテが動きにくいので、ロッドアクションを大きめにするとよいです。

こうすることで、スッテがゆらゆら揺れて、タコにアピールすることができます。

たまに底から仕掛けを持ち上げて、再び底へ落とし込むとよいです。


周りが釣れるのに、自分だけが釣れない時はスッテのカラーが合っていないことが多いです。

釣れている人のカラーをマネするとよいです。

スッテを複数個付けて、まったく異なる種類のカラーを付けて釣るのも効果的です。

他には、スッテにサバの切り身などのエサを付けて狙うのもおすすめです。


大型のタコを狙う際は、仕掛けに手を加えてアピール度を増すようにします。

スッテにタコベイトなどヒラヒラしたものを付けるとよいです。


当たりは、スッテを揺らしている時や止めている時のどちらにもあります。

先ほどよりも重くなります。


エギは当たりがあってから少し待たないといけませんが、スッテは針が細くて本体が小さいので、触りにきた時に即合わせでかかります。

しかも、それほど大きな合わせは必要ありません。


タコがフッキングしたら、一定の速さでゆっくり巻き上げるとよいです。

ポンピングしたり、ラインを緩めると、バレるおそれがあります。

参考動画


【動画】明石の船タコ釣り!スッテで大型など連続ヒット!

タコの本場明石でのスッテによるタコ釣りです。

2Kgほどの大型タコが釣れるなど、好調にタコが釣れます。

LEDライトを付けるなど工夫するとよいです。

(7/16放送)

<タックル>

ロッド

タコエギ専用ロッド・ジギングロッド


リール

小型ベイトリール(ローギアがおすすめ)


ライン

PE 1~2号


リーダー

フロロカーボン 6号


スッテ

YO-ZURI タコやん 船スッテ


オモリ

オモリ50~60号


その他

ハピソン タコ寄せライト タコピカ YF-338
ハピソン スピードコントロール機能付ラインツイスター YH-717
ハピソン 充電式ヒートカッター YQ-900

スポンサーリンク
おすすめの記事