アマダイという魚をご存じでしょうか?

京都ではグジと呼ばれ、高級魚として知られています。

タイとは言っても、マダイやクロダイとは体形がまったく異なります。

アマダイは、細長い形をしています。

60cmほどになる個体もいますが、それほど大きなものが釣れるのは稀です。

釣りものとしては、マダイやクロダイに比べると、マナーな部類に含まれます。

ここでは、アマダイ釣りのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

アマダイ釣りのタックル

アマダイ釣りのタックルは、次のとおりです。

ロッド:シマノ ベイゲーム X アマダイ 180

リール:シマノ フォースマスター 600/600DH

ライン:シマノ タナトル 8 2.0号

ハリス:フロロカーボン 3号

ハリ:アマダイ針 13号

オモリ:60号


<補足説明>

【仕掛け】

コマセや胴突き仕掛けで行う地域もあります。

今回は天秤仕掛けで狙います。


【エサ】

エサはオキアミを使います。

針に刺す前に尻尾を切り落とします。

こうすることで、針にしっかり刺すことできる上、海中で回転しないようにするためです。

尻尾から刺す1匹掛けにします。

スポンサーリンク

アマダイ釣りの釣り方のコツ

アマダイ釣りの釣り方のコツは、次のとおりです。

仕掛けが短いので、先に針から投入します。

天秤とオモリは、針とかぶらない位置に落とします。

そうしないと、絡まってしまうためです。

釣り人が多い時などは天秤とオモリを先に投入し、後から針を入れた方がよいです。


底まで沈めていきます。

沈んだら、少し誘いを入れます。

基本的には、ゆっくり持ち上げて、ゆっくり沈めていきます(テンションフォール)。

速すぎると、アマダイが喰ってこれません。


穂先をもっとも下げた時点で少し止めます。

この時、仕掛けはまだふわふわ沈み続けています。

仕掛けが沈みきったら、再度持ち上げるようにします。

後は、これを繰り返します。


アマダイは底付近にいます。

底から離れすぎると喰ってくれません。

そのため、こまめに底を取り直すようにします。


ある程度誘って喰ってくれなければ、仕掛けを回収します。

エサの有無をチェックします。


当たりがなければ、タナを少し上げて誘って見るのも効果的です。

エサが底を這っていると、魚が気づいてくれないことがあるためです。

少し浮かせて、エサがフワフワ動いている方が目立ちます。


当たりは、持ち上げている時も沈めている時もあります。

持ち上げている時は比較的わかりやすいです。

沈めている時は、少しわかりにくいことがありますが、次に持ち上げる時にわかります。

参考動画

スポンサーリンク
おすすめの記事